反町 泰仁
 男は秋田県田沢湖町に紅葉を見に行った。
昨年の秋に初めて訪れたが、毎日雨の連続であった。それでも雨の中の紅葉がとても美しく見事で忘れられず、その紅葉に恋い焦がれて今年も訪れてみた。
 秋田駒ケ岳の色づきが早いと聞いたので昨年より1週間早めて、宿とJRの指定券を取った。
 ところが、その後に台風が幾つも通過したため、せっかく色づきはじめた葉が落ち、残った葉も互いに擦れて茶色く焼けてしまった。


葉が茶色く焼けている

 モミジのなかにはまだ緑色をしている木々もたくさんあり、自然が相手では仕方がない。天気に恵まれたことが幸いだった。
 帰京後に例年より20日遅く富士山の初冠雪があったと新聞記事があった。暖冬が葉の色づきに影響したものと思われる。

 宿はどんぐり山荘という温泉付き和風ペンションであった。とは言っても、ペンションに泊まったことがないので、ペンションと言ってよいか自信はないが。
 脱サラ夫婦が、20年前にここで始めたもので、どんぐりの実が芽吹いて、次第に育ち、大きなミズナラになるように、山荘もしっかりと根を張り、大きくなることを願って命名したという。 
  .  温泉は24時間入浴OK、熱めのいい湯でした。単純硫黄泉で、湯船も床も壁も全て木造りで快適でした。

乳頭温泉 孫六の湯付近

 湯の効用は神経痛・関節痛・五十肩・冷え性などによいという。
 アキレス腱を切り、60肩と60肘、加えてギックリ腰に悩む男に向いた温泉である。どんぐり山荘に3泊したが、毎日三脚と望遠レンズをはじめ、交換レンズ各種を背負い、紅葉を求めて、体力の限界まで歩き回り、夕方に宿につく頃には、足腰が硬直し、特に足の付け根に痛みを覚えた。しかし、温泉が効いたのであろうか、翌日は筋肉痛もなく、前日と同じように歩き回れた。
 宿を出立した時には、体のあちこちが順調に癒されている感じがした。温泉の効用に間違いない。


色づかない葉がある


                      

..............
■トップページ ■サイトマップ ■投稿のページ

inserted by FC2 system