新年会(於ホテル・ローレル)に出席して  水村幸三・高木勝・土田訓久
 ミニ新年会(残り組)  蔦木節子
 YSAが神奈川新聞に紹介されました          ここをクリック  鶴岡二郎

 ◆連載「シャフルボード」入門  31.最適のショットを選ぶ

  “TOUGH CHOICE” by LARY FARIS (省略)
 
 薩川俊三
 ◆セントピータスバーグ・シャフルボードクラブ  ここをクリック(参考)
 【St.Petersburg Shuffleboard Club】by Marylin Barnett(訳・薩川俊三)
     (省略) 
   
 ◆フロリダ通信 (省略)            ここをクリック         薩川俊三
 ◆旅愁のニューオリンズと西カリブ海クルーズ10日間の旅
    (省略)      ここをクリック    
 高島澄


新年会写真集・スケジュールはここをクリック

YSA新年会に出席して             H14年入会、水村幸三

昨年入会して初めて懇親会目的の席に参加させて戴きました。普段新人の私達に親切に指導して頂いており、ゲーム以外の知り合う場に是非一度参加したいと思っておりました。
ホテルも想像していたより良いのにまず嬉しく思いました。天気はあいにくと言うのか当然というのか1月の雪国を自然が演出してくれました。ホテルについて早速シャフルボードが始まり、実際のところこれまで半分ぐらいは知らない方で、今まで一緒にゲームをしたことがあるのは3分の1位で先ず誰と組むのかが、かなり気になっておりましたが、最初に薩川先生でしたので単純に教わればよいと、気持ちが楽になりました。
夕食の後は、今回のテーマである懇親会が始まり、お酒も嫌いな方ではないので新人であり乍ら大先輩に厚かましくも並ばせて頂き特に滝川さんには、普段聞けないありがたいお話を聞かせて頂きました。当初3日間もシャフルボードでは、と思っていましたが以外と早く終わったという感じでした。
それにしても、会が成功裏に終えたのは関係各位のご苦労、ご努力のお陰でありましたことに深く感謝いたします。少しでも早く皆さんと一緒にゲームを楽しむ事が出来るよう頑張りたいと思います、今後とも宜しくご指導の程お願いいたします。

H15/1/26居残り組の新年会 H15/2/1  

YSA新年会(於 ホテルローレル)雑感              木 勝

ハイウェーバスにゆられること3時間半、須賀川に着いた。マイクロバスでホテルに近づくにつれ、あたり一面銀世界、まるでスキーに来たみたい。そんな中ホテルに到着した。

早速シャフルが始まった。3日間飽きるほどやった。外は吹雪いた時もあったがホテル内は別世界。

ホテルは食事、ルーム、温泉その他のサービスが思ったより良かった。

新年会、懇親会随分盛りあがっていたと思う、幹事さん達大変だったと思います、ご苦労様でした。

圧巻は何と言っても、滝川Mさんを中心とした軍歌の合唱と、薩川Mさんの提案で最後にみんなで「お富さん」でもというところ、曲が出てこないで「真室川音頭」となり、それの大合唱。ここにYSAのルーツがあるのかと感じ、誰にも言わずに心の片隅にしまっておこうと堅く決心した次第であります。

計らずも今回新人4人が全員参加できたので良い懇親になった。今回の新人はそれぞれ4人4様に個性を持った者達のような気がする。4人とも歌もうたったし、諸先輩を差し置いてかなり大声で騒いでいたように思う。いつまでも親交を厚くして行きたいものだ。

それにしてもちょっと気になる事は、昨年の9月に入会させて頂いてからほぼ半年になるのに、未だに後輩が出来ない事だ。3月29日からの講習会に期待している。

一番印象に残ったゲームは、薩川Wさんとダブルスを組んだ試合だった。このゲームも小生のミスの連続で、完全な負けゲームだった。それを薩川Wさんが終盤挽回し逆転し、1点リードで最終フレーム、ハンマーを持った小生にバトンタッチしてくれた。プロが新人に最高の舞台を作ってくれた。結果はプロの配慮に応えられず、最終フレームでも小生の再三にわたるミス(クリアーミス)で、敗れてしまった。この時、最後まで諦めないプロの凄さを見たような気がする。メンタル面での緻密な計算と集中力、それをカバーするテクニカル面の能力の高さ、大変勉強になりました。
願わくは、これからも上手うわての人達は上手したての者と対戦する時などは、絶対に手抜きしないで本気で負かして欲しい、そこで上手の人のゲーム運びを見て成長していきたいものですから。

それにしても、クリアーは重要だとつくづく思う。

前述の試合も結局はクリアーミスに始まって、クリアーミスに終っていた。クリアーミスがなければ、どんな対戦相手とも、そこそこゲームができると思う。いつもクリアーミスから“こと”が始まりややっこしくなり、忙しくなってしまう。原因はドリフトの読み間違い、力みから来るフォームの崩れなどいろいろあるが、全然かすりもしなかったり、リバースで残ったりで失敗する。簡単なようで、実にややっこしく厄介な奴だ。

正直言って、2週間ほど前から目が充血していた小生にとっては、細かいビーズを使用するローレルの密閉された室内コートは、目にはきつかった。黒板消しも対戦相手の人にやってもらったり、記録を変わってもらったりして迷惑をかけた時もあったし、ゲームが終わるたびに洗顔して目を保護していた。

それでも、年に1度ぐらい集中してシャフル漬けになるのも良いものだと思った。

ローレルでの新年会では、大概この位の人数が集まると、1つや2つ必ずある、小生の大嫌いないざこざも見られず、和やかで、心からリラックスできた楽しい3日間でした。本当にありがとうございました。

「新人奮闘記」                               土田訓久

私がYSAに入会させて頂いて、この1月末で丁度5ヶ月経ちました。この間御親切に手に取るように御指導、御助言下さいました先輩諸士には大変感謝、感激しています。今後も宜しくお願い申し上げます。

 シャフルボードと言う自分にとっては全く新しいゲームスポーツに魅せられ、長年熱心にやって来たゴルフもそっちのけで、この新しい競技にのめりこんで楽しませて頂いています。私のスポーツ遍歴は子供の頃は野球、中学から大学を通してバスケットボール、その後にボーリング、ゴルフと続いているのですが、その後にどうやらシャフルボードとなった様です。最初は確かに年寄り用の簡単な競技だろうと思っていたのですが、やればやる程奥の深さを痛感させられ、思い通りにならない手強さに余計征服欲をかきたてられています。

 スポーツマンを自認していた私が御年配のおばさま達にコテンパンにやっつけられるという事実が、この競技の特徴と面白さを示している様です。どんなスポーツも一朝一夕で上達できる訳でなく、練習あるのみと言うことはよく理解しておりますので、自分としては6ヶ月を研修期間と設定し、当面のゲームの勝負にはこだわらず、基本技術の習得を主眼としつつ色々な戦術を試行錯誤してきました。

 しかし結局の所、シュートの正確度が最重要であるとの当然の認識に至り、これを向上させることが目下の課題となっています。キューの持ち方が一定しない、シュートフォームが乱れる、ドリフトの計算がうまく出来ない、と言った悩みがつきまとっています。従ってゲームによって出来、不出来に大きな差が出ます。シュートの感覚が非常によくなって開眼したと思う時は何回もありましたが、その感覚(主としてシュートフォームに起因すると思う)を持続することが難しく、次の日には元の木阿弥と言った具合です。この様な繰り返しではありますが、着実にシュート力は向上しているとの実感はありますので、それがやり甲斐になっています。先輩諸士も過去に同じ道を歩んで来られたに違いないと思いますが、早く追いつき、追い越せの気概を持って精進して行きたいと思っています。

 自分に課した6ヶ月の研修期間がもうすぐ終わりますので、それ以降はゲームの勝敗に多少はこだわった形で臨みたいと思うと同時にスリルとサスペンスに富んだ面白いプレイスタイルの確立を目指したいとも思っています。

 元来凝り性で、のめり込み易い質なのですが、決して負けず嫌いではなく、むしろあきらめが早い方ですので、その点が弱点と自覚しております。

 最後に、優しくて人の好いレディース、ジェントルメンと一緒にシャフルボードを楽しめることを無上の喜びとして、家内共々感謝しております。皆様がいつまでも御健康でプレイを続けられることを心より祈念しております。


居残り組のミニ新年会                         蔦木 節子

 地区センターの休館中にYSAの新年会が福島のローレルで行なわれました。それぞれの都合で残念ながら参加できなかった残り組の有志でミニ新年会を開きました。

2月1日(土)は風もなく暖かな最高のシャフル日和だったお陰で16名も集まりました。お昼抜きでたて続けに3ゲームをこなし、余韻を残しながら地元に強い清水さんのお薦めで仲町台の「せんざん」に繰り出しました。

宴は反町さんの乾杯で始まり楽しいひとときはアッという間に過ぎ最年長者の田原さんのご挨拶で締めました。

今回の参加者のプロフィールをこの場を借りてご紹介させていただきます。

氏名 誕生日 血液型 出身地 シャフル以外の趣味 最後の晩餐 今年の目標
荒木 1.1  B 富山市 中国体操 お寿司 健康第一にコートに通う。若い人との交流
上原 5.13 目黒 ウォーキング 田舎料理 対戦相手と大差がつかない様頑張る
叶内 8.13 御徒町 グルメ、音楽鑑賞 お寿司 健康で明るく楽しい日々
河合W 納豆の日 静岡市 下手の横好き、多種 カニの食べ放題 M様に勝つ!
黒田 11.18 寒河江市 写真 カレー 平和で楽しく充実した日々
清水 10.30 AB 長野市 ウクレレ、俳句 ワイン 上手になって誉められたい
鈴木M 8.2 横浜市 旅行、落語、スペイン語 トンカツ 元気でいること
鈴木W 1.1 横須賀市 水泳、旅行 あわびの食べ放題 体力増進
反町 6.7 AB 東京 デジカメ、旅 黒糖焼酎 怪我をしない様健康に留意
高城 9.5 杉並 テニス お寿司 体脂肪を減らす、ピンバッチを集める
田原 4.14 長野 詩吟、ゴルフ 特になし 元気でいること
千葉 10.20 品川 車、旅、デジカメ 五目焼そば 皆勤を目指す
蔦木 11.3 武蔵野市 テニス、麻雀、マンウォチング お寿司、ビール ゲーム中のお喋りを我慢!口より腕を磨く
西本M 11.10 大阪市 碁、麻雀 お寿司 シャフルの実力の向上
林M 6.2 岐阜市 絵画、彫刻 うなぎ 全敗しないこと
林W 4.20 岐阜の羽島 スポーツ、詩吟 ステーキ 健康のために皆勤を目指す
☆  追記
 参加者のうち、上原氏、河合さん、高城さん、田原氏、蔦木、西本氏の6人は同期生で、かつ長いこと下手くそ組に在籍、そして血液型は全員O型という面白い事実が判明いたしました。
 
 しかしながら最近めきめきと上達された河合女史と高城姫は、好成績を修め、A組を卒業し、今春には、めでたくB組に進級?



YSAが神奈川新聞に紹介されました  (平成15年2月19日付)
    
     ここをクリックしてご覧下さい。


あとがき
 会員の皆様からのご要望に押され、会報38号を発行することになりました。今回はISA名誉会長夫人マリリン・バーネットさんから投稿いただきました。薩川さんのご尽力によるもので、画期的なことでです。薩川さんのフロリダ通信と合わせ、海外のシャフルボードの一端が理解されることと思います。

 たくさんの原稿をいただきましたが、ページの都合上、レイアウト等を変更させていただきました。特に高島さんからきれいなたくさんの写真をお預かりしましたが、全部の写真を掲載できませんでした。

 原稿をいただき次第順次印刷にかかりましたので、書式がバラバラ、ページが抜けている等読みにくいかもしれません。
 またプリンターを長年にわたり酷使してきたため、色むら、ローラーマークがつき、調子がいまいちでした。修理に出すと会報発行が大幅に遅れますので、やむを得ず印刷を強行しました。
 
 言い訳ばかりですが、読みづらいことは、会報担当者がド素人のためです。ご容赦下さい。(会報担当・反町)



会報バックナンバーへ戻る

inserted by FC2 system