総会が開かれました。H15.4.6           (文責・反町泰仁)

 YSAがネラシールを納入しました。           薩川俊三

 豊橋シャフルボード協会が視察に来られました。   杉浦健二郎

 連載「シャフルボード」入門  32.33          薩川俊三
    省略


平成15年総会
 
      平成15年4月6日
                                総会次第・写真はこちら

前日の雨と打って変わった快晴の午後、39名の会員が参加して、都筑地区センターの大会議室で綱嶋さんの司会で始まりました。外は桜が満開です。議長に滝川(和)さんが選出され進行しました。

1.会長あいさつ               鶴岡 二郎敬称略以下・同じ)鶴岡会長 あいさつ

一年間皆さんのご協力をいただき、YSAは活発に活動することができました。今日はYSAの会員として積極的に発言して欲しいと思います。シャフルをやっているのは、健康を維持して心身ともに健全で楽しく過ごしたいからです。和気あいあいにやっていきたいものです。
 最初に皆様におわびしなければならないことがあります。それはコートに全員いる場所で役務担当委員に大きな声でたしなめたことがあり、全員にいやな気持ちにさせたことがあったと思います。今後はその場でなく、他の場で言うようにしたいと思っております。
  この一年間、各委員はとてもよく任務を果してくれました。会計の鈴木Wさんは正確、迅速に収支を処理していただきました。庶務の綱嶋さんは諸般にわたった事務を滞りなく対処してくれました。広報の反町さんは以前にも増して、内容の充実したカラフルな写真も添えて会報を発行し、YSAの発展に大いに貢献して頂いております。
  競技会企画担当は薩川さんが会の軸として企画運営に当たり、畠中さんの支援を受け競技会の実施をスムーズに実施して下さいました。コート・周辺管理担当は、防風ネットの補修を手際よくしてくれました。今回緊急修理としてスコアボードの穴あき等の修理を担当外の水村さん主体に堂園、加地氏応援でしていただきました。とても器用によい出来でした。特に3,4番コートのボードに空いた穴をアルミ板を埋め込んでくれ素晴らしい技術でした。(白線の一部が消えましたが)用具管理担当は地道な役目を継続してこまめにこなしていただけました。センターから苦情もなく逆におほめの言葉をいただいたほどです。ネラシール担当は今回、蔦木さんが主体的に処理して頂きました。本来、材料の在庫及びコートの状況を把握し、4ヶ月毎に塗装実施をセンターに早めに書面を以って申請する必要があります。普及担当は西本さんを中心に努力され、現在講習会を実施中です。会員の皆さんがお誘いした方も参加されています。また畠中さんが仲町台地区センターの掲示板に講習会のパンフレットを貼ってもらえる交渉をし、出来ないことを実現してくれました。担当外でしたが感謝しております。
  技術担当もゲームを通して適宜役割を果たしていただけました。坂本さんが入院リハビリ中ということになり、長期間のお休みとなりそうです。替わる人の人選が必要か議論をしていただきたいと思います。ホームぺージ担当は杉浦さんが努力して下さり、内容豊富で立派な掲示がされています。内外ともに大変な効果が表れております。
  その他、ビーズ洗浄の役割の不公平さがあるのではないかと提言がされております。月例会以外の持ち帰り洗浄は回数にカウントされません。練習回数の多い方はそれだけ負担の多いのも致し方ないことで、結果として技術も上達されることで報われる筈です。
  また、集合時間についても提言がありました。月例会では9時30分集合で、定刻に遅れた方はゲームに参加が出来ないという制約があります。月例会以外では9時45分集合とし、遅れて参加した人も会員の好意で第2ゲームからの参加の道が出来ているわけです。大目に見て楽しくやろうと言うことだと思っていますが、時間厳守についてご意見いただければと考えます。

会計担当 鈴木さん 2.会計報告            会計担当 鈴木(佳)      

報告の前に坂本さんからお預かりしました品をお配りいたします。(京都・祇園−萩月−の上品な銘菓でした)ご迷惑をお掛けしております。快気祝いをしたいところでございますが、いましばらく時間がかかると言われていました。最初に入院した育生会病院に移りました。会員の皆様にくれぐれもよろしくお伝え下さいと仰っていらっしゃいました。
(会報担当より会計・監査報告書に基づき丁寧な報告がありました。そして会計監査の滝川(和)さんから、会計は金銭出納が正確かつ確実で誤りのないことを確認しましたとの報告がなされました。そして拍手で承認されました)

3.平成14年度活動報告並びに今年度活動計画
  
 @平成14年度競技会        畠中         

 
 月例会、競技会、1日トーナメント、ファンゲームを行いました。月例会は17回実施し、雨で4回、センター休館のため1回中止になりました。5/1の1日トーナメントには33名が参加し、5/19の落合杯は34名が参加し、21名で決勝戦を争いました。9/15nにYSA杯予選を行い20名の方で優勝が争われました。YSA杯の日程と同じくして新人戦を行いました。会員の方が国際大会でアメリカ遠征中に1日トーナメントを行いました。暮れの恒例のファンゲームには35名が参加しました。1年間通して蔦木さんと荒木さんが皆勤賞でした。特出すべきことです。(大きな拍手) 最後に2つのことを述べたい。一つは名刺大の競技会案内カードを作成し、9/14に配布しました。もう一つは他の団体が使用している日の空きコートを活用して有志でゲームを楽しみました。5回計画し、4回実施しまし、延べ36名が参加しました。(1日平均9名の参加)最初は2コートを予約使用していましたが、空きコートがあったので3〜4コートを使わしてもらいました。

競技会 薩川さん A平成15年度競技会計画案について 薩川(俊)      

配布資料(別紙―1)により説明します。今まで第2月例会として日程を組んでいました。スポーツ保険の適用を受けるためですが、必ずしもそうしなくてもよくなったこと、分かりにくいことがあり、資料のカレンダーのように表現を改めました。JNSAが5/31,6/14,12/6と土曜日3回を取ります。今までの利用状況では最大18名ですので、3コートの予約としました。
 月例会は第1・第3日曜日とし、試合開始時刻を今までの10時00分から9時50分に繰り上げたいと思います。これは参加会員の増加でノンウォーキングが多くなり、時間が掛かるためです。特別競技会として、落合杯、YSA杯に加え、今年は創立15年になりますので、15周年記念大会を企画します。9/23を予定します。全員5回戦を戦い、5勝は500円、4勝は400円、・・・・とし、0勝は残念賞として100円でどうかと考えています。忘年ファンゲームは12/21とし雨天予備日を12/23とします。1日トーナメントは4回企画します。最後の1日トーナメントの11/3は例会を含め3日連チャンになります。
 現在初心者講習会を実施しており、その後に何名の方が入会されるか分かりませんが、多いようでしたら、YSA杯の時に新人戦を計画します。
(その後の質疑応答等を通して別紙−1は改めたものです)

コート管理 林さんBコート・コート周辺管理           林(周)
 
 コート入口が雨のとき水溜りができるので、砂利を敷きました。緑政課が運動広内に砂利を敷いたときに一緒に敷くように要請しました。また、コート周囲の防風ネットの裾が風でフカフカ舞い上がるので、12/20に協力しあって補修をしました。
 
 C用具管理                   河合(静) 
 
 点検記録を配布してありますのでご覧下さい。

平成14年度 用具管理(倉庫内)点検記録 平成15年4月6日 用具管理(倉庫内)担当 一同

  点 検 及 び 作 業 内 容

4月15日(月)

@ 倉庫内大掃除及び整理  A 古い不用品等処分  Bディスクナンバーの上書き(マジックペン使用)C 破損したモップの取替えをセンターに依頼する。(6月に新品届く)

4月29日(月)

@ チョーク購入(100本)

7月23日(火)

@ 倉庫内清掃・整理  A ディスクナンバーの上書き(プラスチックに強いラッカー使用)
B 破損がひどい黒板消し6個の取替えをセンターに依頼(8月13日に新品届く)
C 新しい黒板消しを掛けるフックを黒板の側面に取付ける。

8月25日(日)

@ チョークは[OK]で購入しましたが(格安)1ヶ月近く入荷無く、取り敢えず他店で30本購入し補充する。その後センターとの交渉で、チョークは今後センターが補充することに決まる。

9月 2日(月)

@ センターの方とチョークの今後の管理などについて、コートで打ち合わせる。(チョークが不足した時点で、その都度10本補充します)とのことでした。

11月18日(月)

@ 倉庫内清掃・整理  A ディスクナンバーの上書き(マジックペン使用)

03年2月13日(木)

@ 備品のバケツ破損のためセンターに報告し、新しく購入の場合は、モップ用に、大きめのバケツを依頼する。

3月12日(木)

@ ディスクケースのナンバー札(9番)破損のため、センターで新品と交換する。

3月16日(日)

@ ディスクナンバーの剥がれがひどい赤色で上書き(ラッカー使用)

3月22日(土)

@ 倉庫内清掃・整頓  

チョーク一箱(70本)を池永さんから寄付していただきました。足りない時のために保管してあります。
 箒、ブラシを下げる紐のフックをビニールコーディングアルミ線製に作り変えました。滝川さんが作ってくれたもので、安全で掛け易くなったと思います。
 水村さんが回収ビーズのふるいを寄付して下さいました。市販のふるいに滝川さんのアイディアで、網戸の網をしっかりはめ込んで二重にして下さり、とても使い易い特性のフルイでとても重宝しております。
その他多くの方々のご協力を頂き、ありがとうございます。いつも心地よくプレーできますよう、快適な環境を維持して参りたいと思います。どうぞ今後もよろしくお願い致します。ネラシール 鈴木さん

 Dネラシール担当         鈴木(一)
 
 2001~2002の間で7回塗布しました。昨年は7月に第1回を実施しました。11月は国際大会参加のため、畠中さんに協力を依頼しました。今年度は急きょ明日4/7に実施ることになりました。


 E講習会             古宇田

講習会
講習会 古宇田さん今回の講習会は3月29日から4月27日での毎週土曜日の全5回を予定し、すでに3/29、4/5と2回実施しています。初日は12名、二日目が9名参加しています。13名が応募しています。引続き講習会を続けますが、多くの人がYSAに加入するように努力していきたいと考えています。

勧誘・普及 西本さんF勧誘・普及担当          西本           
 
 今回の講習会は13名の参加を得て実施しました。会員の皆さんからのお誘いで参加された方もいらっしゃいます。お声を掛けた方は、一度休むと講習会に出づらくなりますので、休んだ方には参加を促す声を掛けて上げて下さい。そしてご面倒でも引続き、YSAに入会されるように勧めて下さい。(薩川さんから補足がありました。会員各位がホームページ、ミニコミタウン紙、広報紙に掲載、パンフ作成掲示等の協力がありました。)
  

 Gホームぺージ担当         杉浦(健)[滝川(幸)さんが代読]

町内自治会の総会があるため欠席いたします。YSAホームページ(以下HP)を開設して1年半、現在までのアクセスは6,900回を越えています。1日平均10回以上、多い日には20回を超えることもあり、喜ばしいことです。会員の皆様に見て頂くことは無論ですが、YSAの活動状況を横浜から全世界に発信して、シャフルボードの楽しさを知ってもらい、シャフルボードの普及に寄与できたらと考えています。
 そのために、リンクといって他のHPにこちらのアドレスを掲載してもらい、一般の人が見る機会を多くするように、積極的に進めました。現在、相互リンク先は国内18件、海外3件を達成し、特に今年になってアメリカのテキサス、アリゾナおよびカナダ・オンタリオの各シャフルボード協会のページと相互リンクすることが出来ました。そのため英語のページを設ける必要があり、エキサイトというサーバーの翻訳ソフトを利用しています。
 最近HPをみた豊橋シャフルボード協会から4/17か4/24に見学に来たい旨依頼がありました。そして、愛知県の社協・障害者スポーツ振興センターからは3千部発行の「レッツスポーツ」という情報誌にシャフルボードを取り上げるので、参考にしたいとのメールを受信しました。
 HPの内容については、当初のコンセプト「楽しく、わかり易く、画像を多く、タイムリーで正確な情報を提供する」を心掛けてきました。昨年3月に掲示板を開設し、薩川さんから8回にわたる「フロリダ通信」をフロリダのブランデントンから投稿して頂きました。また4月には投稿のページを新設し、6件の素晴らしい投稿をいただきました。ご協力ありがとうございます。
 ただ、よそのHPに比べてもYSAページへの皆様からの参加が少なくて残念でなりません。皆様のHPですから、もっと積極的に参加してYSAホームページを育てて頂きたいと思っております。会報の掲載については、紙面の充実に伴い、反町さんにご協力頂いて、ハード面の改善を図りHPの掲載がスピーディーにできるようになりました。今年になって、シャフルボード用語集に取り組み、薩川さんから貴重なご意見をいただきながら編集中です。ご覧になってご意見ご感想などをお寄せ下さい。HPをご覧になっていない方には、つまらない話で申し訳ございませんが、情報化の世の中ですので、是非機会を作ってYSAのHPをご覧になって下さい。そしてパソコンを始めて下さい。私もズブの素人から始めて独学でなんとかやってきました。ご連絡をお待ちしております。現在、高島さんがマイHPに挑戦中で相互リンクしました。旅の写真が豊富に載っておりますのでご覧下さい。
 今年度は現在進行中の「シャフルボード用語集」の充実と「YSA競技ルール」が掲載できたらと考慮中です。アリゾナとかテキサスの協会のHPを見ると独自の「ルール」を作って掲載しております。この総会でご検討願えれば幸いです。

Hスポーツ安全保険担当       杉浦(奈)滝川(幸)さんが代読

昨年7月発行の会報、第35号の「スポーツ安全保険のお奨め」のなかにありますように、昨年度は42名の方が加入されました。そして契約直後に左手の一部を骨折(左とう骨遠位部)する事故が発生し、保険金が支払われました。
 この保険は800円の掛け金でゲーム中のコートと自宅の往復で発生した事故が対象になっています。通院1日につき千円、入院1日につき千八百円の補償があります。また、この保険は、掛け金の振込みと同時に契約は完了しますが、発効は4月1日から翌年3月31日までの一年間で期日の延長は出来ません。今年度は現在43名の方が加入され、3月28日に手続きをいたしました。

Iイベント担当           滝川(幸)今度はご本人の朗読です]
 
 イベント 滝川さん昨年は6/14より2泊3日の懇親会ホテルローレルで行いました。参加者は28名、一人500円の特別会費を徴収し懇談費用にしましたが少々厳しいものでした。薩川さんのご指導のもとシャフルを楽しみ、夜は皆様、おしゃべりにカラオケと楽しまれました。3日目は大内宿と塔のへつりへ観光をして充実した3日間でした。 今年は1月25日より2泊3日の新年会です。参加者24名、今回は一人千円の懇談費用とご好意の差し入れがあり、まかなうことができました。ビンゴゲーム、カラオケと皆様、コートではうかがい知れないお顔、美声を拝見させて戴き3日間無事に過ごせました。皆様のご協力のお陰と感謝しております。又、古宇田さんのお陰で持込禁止のところを可にして戴いたり、色々と便宜を図って戴きました。担当として本当に助かりました。心より御礼申し上げたいと思います。
 今年もご希望が多ければ企画したいと思いますが、いかがでしょうか。(挙手多数で日程の調整をしましたが、まとまらず幹事一任となりました⇒7月19日〜21日の2泊3日となりました)

 J庶務・渉外            綱嶋

庶務・渉外 綱嶋さん、 議長 滝川さん

 コートの予約は私が3ヶ月前から予約手続きをしております。
お手元に名簿を配布しましたが、林副会長の助力を得て入会順にまとめてみました。退会者は上原(健)、加納、川村、加藤MW、河合(昭)、片岡(豊)です。現在やられている講習会参加者の加入を待って改めて名簿を作成いたします。(財)横浜市老人クラブ連合会の高齢者地域活動グループ助成金申請を前年度はミスりましたが、今年は大丈夫だと思います。6月頃申請する予定です。

4.提案・意見等
  
議長:(1)スコアボード修理をコート及びコート周辺管理委員の任務に含めることでどうでしょうか。(異議なしで決定)
    (2)技術指導委員の補充について如何でしょうか。(補充なしで決定)

薩川:例会のプレイ開始を9時50分としてよいでしょうか。(異議なしで決定)

綱嶋:コートに来られない方に声をかけていますが、一度欠席するとその後は出席することが億劫になるようです。同期の桜やお住いがご近所の方は声を掛けあってコートに来られるようににていただければと考えます。その点、東京組の皆さんは連絡、声掛けをよくやっているように見受けられます。

蔦木:1日トーナメントにダブルス、混合ダブルスや75ポイント制を取り入れたらどうでしょうか。  
薩川:ダブルスは4の倍数の人が集まらないと成立しないので難しい。75ポイント制は長時間かかる場合がある。

高橋:遠方から車で参加するので、道路事情により9時50分のゲーム開始に間に合わない場合があります。(⇒親しい人に携帯電話で出席のコールをしたらどうでしょうという意見がありました)

薩川:委員になっていない方は、自己申告か推薦で積極的に参加して下さい。
    用具管理・水村、ネラシール・長田、用具管理・高木、コート周辺管理・土田M,W(自推・他推で決まりました)

☆ :集合時間の9時30分に来ると掃除が終了している。用具も少ない。気持ちはあるが出来ない状況がある。
★ :朝出来なかった方は、帰りの掃除を入念に行うことでいいのではないでしょうか。

薩川:ネラシールは水性ワックスで、コートの塗装を痛めない、ディスクの滑りを良くする効果がある。YSAで5回塗布したが、その後はセンターが業者委託して実施している。YSAの委員は施工当日に立会いし、より良い施工の助力を行っている。塗装が剥げたら手遅れで、ネラシール担当委員がコートをよく観察してセンターに塗布を申入れることが必要である。薄く塗って残れば捨てる。1週間後にもう1度塗布することが望ましい。フロリダでは3ヶ月ごとに会員がネラしており、塗装も会員が自ら行っている。わけあって見積もりを依頼された。知合いのJ・アレンから個人的に16ビ輸入できた。20j/瓶で関税0である。(ネラシール塗布については、施工方法、経緯等を別紙のようにまとめていただきました)

蔦木:お願いがあります。マイキューをお持ちの方が増えております。キューの置き場所を決めたら如何でしょうか。倒したり、壊したりしてトラブルが心配されます。
議長:フロリダではキューを立掛ける装置があった。担当委員が今後の課題として検討して欲しい。(担当委員:その装置の写真等の例があれば見せて欲しい)
  
 5.副会長あいさつ        
林 春子
  
 本日は大勢の会員の皆さんにご出席していただき、活動報告や年間計画、提案意見等活発で貴重な意見交換ができました。ありがとうございます。今年一年を健康で楽しくプレイしたいと思いますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

                                      (以上)

YSAがネラシールを納入     薩川 俊三

今年3月末、YSAが日本シャフルボード協会に代わって、ネラシールを都筑地区センターに納入したので、その経緯を述べ、あわせてネラシール塗布関連事項を述べます。
1.YSAがネラシールを納入した経緯
 フロリダでは、コート面にネラシールを3ヶ月毎塗布して、ガラスビーズによる塗装の磨耗を防止し、かつ、滑りを良くしています。定期的ネラシール塗布が必要なことを私達が知ったのは、ビーズをプラスチックからガラスに替えてから1年4ヶ月後で、塗装が剥げ始めてからでした。2001年1月からは、ネラシールを約4ヶ月毎、塗布しています。
 ネラシールは、フロリダのALLEN R. SHUFFLEBOARD CO. INC.が販売している Nella Seal #2 Court Waxの略称で、水性ワックスです。
 都筑地区センター(以下センターと言う)にネラシールを納めていた日本シャフルボード協会の北村氏が、今年、センターが依頼したネラシールの見積書提出を、拒否しました。その理由は分りません。センターは困って、商社に依頼しましたが、見積書がなかなか出ないので、私に依頼してきました。私は社長のJim AllenとEメールで打合せて、YSAがネラシールを輸入して、センターに納めることになりました。
 1瓶(3.8L)価格は、20%引きの$ 20です。その他の経費は送料と、国内で支払う、送料込み価格にかかる消費税と関税です。送料はかなり高額ですが、輸入量が多いほど、割安となるので、センター納入価格を安くするため、1度に16瓶輸入して、センターに、要求の8瓶を納入しました。幸い、関税はゼロでした。利益がでたらYSAの会計に入れます。
 今回は、友人の社長Jim Allenが、こちらの状況を理解して、早急に送ってくれました。将来は、この業務を、他の会員に引き継いで頂きたいと思います。
 2.ネラシール塗布関連事項
 (1)ネラシール塗布実績
 今年4月迄に、9回塗布しました。

No. 実施日 ネラシール
使用量(瓶)
作業者 No. 実施日 ネラシール
使用量(瓶)
作業者
1 2001/1/10 3 YSA 18名JNSA 2名 2 2001/1/18 2.5 YSA 15名
3 2001/5/10 4.5 YSA 12名 4 2001/9/12 2 三洋装備6名
5 2001/12/7 3.5 YSA 12名 6 2002/3/28 3 YSA 18名
7 2002/7/22 3.5

三洋装備6名

8 2002/11/20 4 三洋装備5名
9 2003/4/7 3.5 三洋装備3名 . . . .

 初めて行った2001年1月10日の第1回塗布では、滑りの改善が不十分でした。販売会社の指示書に、「1週間後に2回目の塗布をすると速いコートになる」とあったので、8日後に第2回塗布を行いました。今まで実施の9回は、YSAが5回、業者が4回行いました。センターは、今後は業者に依頼する方針のようです。業者施工の際は、YSAが立合って施工を確認しましょう。
 (2)ネラシール担当にお願い
 センターにコートの再塗装をお願いしています。担当の大内さんが実現に向けて努力されていますが、センターの限られた修繕費の中で実施するのは、今年度は厳しい状況のようです。再塗装が幸い実現した後は、塗装が傷む前にネラシールを塗布するように、常にコート面に注意して下さい。
 (3)ネラシール塗布方法
 コート全面に塗り残しがなく、十分滲み込むように、ゆっくり1回塗布します。塗布量は成り行きで、塗布量が多過ぎると、かえって滑りが悪くなります。昨年11月に業者が実施したような、1コートにネラシールを1/3瓶量、割り当てたり、1回目直後に2回目塗布をするのは厳禁です。
 最近、業者の三洋装備鰍ェ使っているパッド型の布モップは、塗り易い良い塗布用具です。

豊橋シャフルボード協会と交流 杉浦 健二郎

八重桜が見頃となった初夏のような、やや汗ばむ陽気の4月17日(木)、豊橋シャフルボード協会の浅井会長、夏目、朝倉両副会長、そして豊橋市体育協会の森本次長の4名の皆様が都筑コートに来訪いたしました。
 早朝ご自宅を出発し、新幹線とバスを乗りついて午前11時前にコートへ到着、ご挨拶と情報交換、YSA会員のゲームなどを熱心にご見学されました。お昼には各自ご持参のお弁当をコート内で皆さんと一緒に歓談しながら食べました。お土産の豊橋名物ヤマサのちくわは美味でした。
 午後からYSA女性会員と2時半過ぎまで各々1ゲーム対戦したのち、まっすぐ豊橋に戻られました。今回の目的はインターネットで当協会を知り、YSAの活動の様子を実地体験することでした。豊橋では高齢者を中心にしたシャフルボード協会が10数年前から活動をしていて、全長9m、幅約1.8mのカーペットコートで、100名ほどの会員が地区福祉センター、地区体育館、トレーニングセンターなどで自主的に活発な活動をされているそうです。都筑より約3m短いコートですが、カーペットコートはすべりが今一つで戦略、戦術などよりも得点エリアに入れることが中心のようです。
 今回の交流によって両協会の親睦ならびにシャフルボードについての理解を深めることが出来ました。当日参加の会員の皆さんご協力ありがとうございました。
 なお、豊橋の皆様から次のようなご感想を頂きました。

▼ 豊橋シャフルボード協会 会長 浅井守男さん
 先日は大変お世話になりました。
 都筑コートに着いて、12コートもあり皆さんがわきあい合いと楽しそうにプレーしているのが、大変印象的でした。
 豊橋では、年間を通して一月に1回ぐらい体育館やホールに4コート〜6コートのマットのコートを敷き、教室・練習を兼ねたミニ大会を開催して、シャフルを楽しんでいます。その間に大会を4回ほど開催しています。大会の参加者は毎回50名〜60名程度です。会員のほとんどが、日常的にはグラウンドゴルフやゲートボール、ペタンクを楽しんでいる人たちです。愛知県には、本格的なコートはどこも無く、シャフルボード協会をつくって楽しんでいるクラブなどは余り聞いたこともありません。
 都筑コートを見させていただいて、これがシャフルボード競技だと、初めて知ることが出来ました。そして、感触の違いに再度びっくりさせられました。キューを押出す力は3分の一から5分の一、ディスクの滑る速さは3倍ぐらいに感じました。豊橋にもこの様なコートが是非欲しいと思いました。また、現在の施設、マットで工夫をして、都筑コートに近づけようと考えています。また、試合の方法を体験させていただき、豊橋でもこれからは公式試合の方法で行いたいと思います。
 今回の都筑コートで、教えていただいたこと、体験したことを豊橋の会員達に伝え、シャフルボードを大いに楽しみたいと思います、大変ありがとうございました。

▼ 副会長 夏目さん
 大変楽しい1日でした。女性に試合にならないほどの得点で負けたのが悔しかった。都筑コートの様な常設コートが豊橋にも有れば、もっと愛好者が増えるのになあと思いました。マットコートでも常設にすれば多くの人にシャフルボードを楽しんでもらえると感じました。
 試合中に横文字が多くて、始めは解らなかったルールを勉強して、豊橋でも取り入れたいと思いました。

▼ 副会長 朝倉さん
 
どのようなコートで、どのような試合をするのかが良くわかった。都筑コートのような常設コートが有れば、こどもから大人また高齢者まで多くの人がシャフルを楽しめると思いました。
 試合は、勝たなければ楽しくないから、一生懸命練習をして、機会があったら、また是非都筑のコートで試合に参加したい。
 今回は大変勉強になりました、ありがとうございました。      以上

豊橋の皆さんのごあいさつ、右から体協・森本さん、副会長・夏目、朝倉さん、会長・浅井さん プラクティス、イエロー浅井会長、ブラック体協・森本さん


*「あとがき」でなく、「なかがき」となりました。次のシャフルボード入門編は保存版ですので、まあいいか。総会には大勢の会員の参加と積極的な発言で実りあるものでした。民主的な会運営の下で会員の活発な活動の投影だと思います。発言者の写真をすべて載せる予定でしたが、速記と合わせて行ったため、一部の方の写真が撮れませんでした。がっかりした方、胸をなでおろした方、美人美男なのに写真がそうでなかった方へ・・・すいません。
*ホームページ開設でYSAの発信基地としての成果でしょう、豊橋市から視察に見えました。シャフル同好の志の輪が広がり、交流が深まるといいですね。ゆくゆくは交流試合も夢ではありませんね。
*ページ数が多くなり、手持ちのホチキスでは留められない厚さになりましたのでクリップでとめてあります。ページを打っていませんのでバラバラにならないようにご注意下さい。紙質を変えましたので発色が若干落ちています。   
 会報に関するご意見をお寄せ下さい。        (担当・反町泰仁)

横浜シャフルボード協会

会報バックナンバーへ戻る



inserted by FC2 system