目 次 . .
 ■ 1.新年ご挨拶 .  会長・薩川 俊三
 ■ 2.’04年度忘年ファンゲーム 盛大に開催  ここをクリック . .
 ■ 3.新年会を「あゆみ荘」で 昼間はシャフルボードを実施  ここをクリック . .
 ■ 4.トピックス . .
    (1)2005年競技会スケジュール表が配布されました ここをクリック
    (2)エチケットマナー集が完成し配布されました    ここをクリック
    (3)新会員紹介ならびに住所変更のお知らせ
      「不思議な競技(シャフルボード)との出会いについて」
 
・・・・・・・・  坂本秀生・正恵
    (4)シャフルボード講習会のご案内     ここをクリック
 ■ 5.連載「シャフルボード入門」 
     43.【「プラクティス」についての質問】     省略
・・・・・・・・.  薩川 俊三
 ■ 6.写真集   省略   .. ..
 ■ ・ 会報担当のあとがき   ・・・・・・・・  担当 一 同


 1.新年ご挨拶 会長 薩川 俊三
 
 新年のご挨拶を申し上げます。昨年は国の内外に大災害があって多難な年でした。当協会の磯和秀彦さん、長縄正信さん、元副会長の田口完治さんがご逝去されました。悲しいことでした。
 昨年の横浜シャフルボード協会の活動は、会員一同のご協力によって、充実した年でした。長年懸案のコートの再塗装が実施されて、申し分のない素晴らしいコートが復元しました。削減された予算の中で実施して下さった都筑地区センターに感謝致します。工事に協力された会員の方々、有難うございました。今後もコートの維持管理に協力していきたいと思います。
 楽しくプレーをするための「エチケット・マナー集」、正しいプレーを行うための「競技規定」などのYSA規定類が整いました。NHK、テレビ神奈川、毎日新聞などのマスコミに報道されましたが、これは、会員一同の活動とホームページの成果だと思います。
 今年も、活発な協会活動が予定されています。2月17日(木)には、若者に人気のマガジンハウス社の雑誌「Tazan」が取材に来ます。毎回、各種のスポーツチームを詳細に紹介している「草チームのコンセプト」欄に、YSAがイラスト入りで紹介されるでしょう。是非、当日は会員多数が参加して、取材を受けて下さい。誰のイラストが掲載されるかが楽しみです。 
 4月には、2年振りの、毎週(土)、全5回のシャフルボード講習会を、当協会主催で開催します。勧誘・普及担当が、講習会案内のポスターとビラによる勧誘活動を開始しました。都筑区広報紙3月号に講習会案内掲載を、依頼しました。講習会の指導は技術指導担当が行いますが、例年のように、会員一同のご協力をお願いします。今年1月現在の会員数は76名です。この講習会で私達の仲間が更に増えることを期待しています。
 ご存知のように当協会は、協会規約に従って、会員全員が会務を分担し、会員のご意見によって運営されています。協会運営や競技会などについて、ご意見、ご要望がありましたら、遠慮なくおっしゃって下さい。ますます風通しが良く、楽しいクラブライフが過せる協会にしたいと思います。
 今年も、元気に楽しくシャフルボードをプレーしましょう。宜しくお願い致します。

  2.’04年度忘年ファンゲーム 盛大に開催  ここをクリック

 3.新年会を「あゆみ荘」で 昼間はシャフルボードを実施    ここをクリック

 4.トピックス
  (1)2005年競技会スケジュール表が配布されました   ここをクリック
    前年度に比べ、火曜日をコート予約日としたほか、一日トーナメントが1日増加しました。
        予約日を確認してから参加しましょう。

  (2)エチケットマナー集が完成し配布されました     ここをクリック
    検討委員会委員が会員の意見も含め検討を重ね、12/19(日)忘年ファンゲーム大会
    当日、配布いたしました。

  (3)新会員紹介ならびに住所変更のお知らせ
   ・新会員
     坂本 秀生      住所・電話番号 省略
     坂本 正恵        同上
   ・住所変更
     増 山勝子   住所・電話番号 省略

        ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  
 ▼投稿


   「不思議な競技(シャフルボード)との出会いについて」 坂本 秀生・正恵 

 約3年程前、女房が葛が谷公園で休憩をしている時、網の向こうのコートから「コーン」と云う冴えた音が聞こえ、大勢の人が棒を持ちパックの様なものをゴルフのパターと同じ様な感覚でゲームをしているのに興味をおぼえ私に話をしました。
 当時私は6年ほど前に脳梗塞を患いリハビリをしている最中でした。或る日朝起きた時、急にろれつが回らなくなり、右手に軽いシビレを感じ救急車で横浜総合病院にかつぎ込まれ脳梗塞と診断され、入院3週間程度の点滴治療を余儀なくされました。
 それ迄の私の生活は、従来の日本人の典型である仕事一筋、ストレスだらけ、ヘビースモーカー、深酒、深夜帰宅と云う生活をくり返しており、遂にくるべきものが来たと云う感じでした。担当医の診断は、右の耳の周辺で脳梗塞が発生し右半身に後遺症が出るかもしれないが予想したよりも奇跡的に軽く生活態度を変え、リハビリをすることによって日常生活には、支障の無い程度まで回復する可能性があるといわれた。
 先ず生活習慣の改善だが禁煙が問題であった。今まで幾度も禁煙を宣言し時間とともに忘れてしまい、ストレス解消と自己弁護しながら実行できなかった私ですが、入院中看護師の目を盗み喫煙室で一服しているところを自分の息子ぐらいの若い先生に見つかり、「いい年をして医者の云うことも聞けないのですか。」と云われ、「いい年をして・・・」が自分自身の心にこたえ、お蔭さまで禁煙をすることが出来ました。また、リハビリについては当初病院に通っていましたが、歩くと云うことが良いと聞き自宅(荏田)より鴨池公園ー葛が谷公園ー大原みちのく公園ー茅ヶ崎中央公園を往復するコースを毎日必死にウオーキングしていました。
 最初の一年間はウオーキングにより汗の塩で時計が腐食するようなこともありましたが、そのう内ウオーキングをすることによって四季の変化を感じたり、同じコースでもその日によって雰囲気が変わることに気づき心が癒されるようになりました。
 そんなある日、女房が一緒に歩きたいと云いだしいつものコースでウオーキングを始めたところ私の速歩についてこれず、葛が谷公園できゅうけいしたいと云いだし私が歩いている間に女房が不思議な競技(シャフルボード)に興味を持った。その後もリハビリを兼ねウオーキングをしていましたが、今年(平成16年)になって女房が不思議な競技をテレビが放送していることに気づき、一度コートに行って見ようということになり11月コートを訪れ見学方々薩川会長、綱嶋副会長の手ほどきを受けシャフルボードと云う競技だと知りました。
 私の最初の印象はゴルフ、玉突き、ボーリング、カーリング等の要素を持ち運動量は大きくないが技術・戦略的には非常に難しくゲームをするごとに不思議な魅力を感じさせる競技だと思っています。
 これを機会に健康の許す限り、ゆっくり、のんびりとこの競技に末永く接して行ければ非常に幸いだとおもっています。
今後共会員の皆様のご指導をたまわり、ゆっくり、のんびりとお付き合いが出来ればと思い会に参加させていただきました。今後共よろしくお願い申し上げます。

      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


  (4)「シャフルボード講習会のご案内    ここをクリック
    4月2日(土)〜4月30日(土)の毎週土曜日午前中・全5回、YSA主催の講習会を開催
    します。2月1日から申し込みを受付けています。詳細は講習会案内のポスター、YSA
    ホームページ、都筑区広報紙3月号などをご覧下さい。

 5.連載「シャフルボード入門」 
     43.
「プラクティス」についての質問
   省略            薩川 俊三

 6.写真集     省略
           

 ★会報担当のあとがき★
▼遅ればせながら、この47号が新春第一号です。本年もご指導ご支援をよろしくお願いします。▼忘年ファンゲームの折、新会員の坂本ご夫妻にコメントをお願いしたところ、1/13日、投稿「不思議な競技ーーー」を頂きました。▼YSAホームページの忘年ファンゲーム欄に即刻載せるべきですが、新会員紹介欄に掲載いたしました。遅くなって申し訳ありません。▼2/17日、雑誌【Tarzan(ターザン)】の取材が予定されています。どんな内容になるか楽しみです。▼なお、ホームページにメディアによる紹介・報道リストのページを設けましたのでご覧ください。▼反町さんから「どんぐり山荘の秋」を投稿して頂き、12/8日ホームページに掲載しました。▼田沢湖の紅葉と周辺の温泉巡りの紀行記で、写真入り5ページの力作です。閲覧ご希望の方はお申し付けください。▼次号は定期総会、一日トーナメント、講習会の模様などを予定しております。▼会員各位の投稿をお願いします。          ▼会報担当 河合、蔦木、高城、土田、山崎、杉浦


横浜シャフルボード協会

 
■トップページ ■サイトマップ ■会報バックナンバーへ

inserted by FC2 system