私のビ−ズ洗浄法
2002/04/10 単なる年寄り 畠中  
 1)特徴
   1. ほとんどの場合、洗剤などは使わないでキレイになります。
   2. ビ−ズの中から、「軽い異物」、と「小さい異物」を取除くことが出来ます。
   3. ビ−ズが外に飛散りにくいです。
   4. 器具は4点(+α)で、ほとんど100円ショップで購入出来ます。
 2)洗浄器具
   1. 植木鉢受---プラスチック製、皿状。(写真-1)
   2. 植木鉢---プラスチック製、底にたくさん穴が開いています。(写真-1)
         大きさは3.の布の大きさを見て、決めて下さい。
   3. 洗濯袋布---洗濯の時、女性のストッキングやデリケ−トな物を入れる袋、
           ビ−ズを通さない程度に(要注意)目の細かい物。(写真-1)
   4. 加工買物かご---穴だらけの買物かごの側面に針金を渡し網(アミ)を 置いて上げ
     底構造にします。網の上に洗浄済のビ−ズが洗濯袋布に包まれて乗っかる事になり、
     風通しの良い乾燥器として使います。(写真-2)
No1用意するもの
(写真-1)
No2買い物かごにセット
加工買物かごの構造(写真-2)
 3)洗浄方法
  1. ビ−ズより「軽い」異物の除去
     @ コ−トより持ち帰った袋に入ったビ−ズを、植木鉢受に移す。(写真-3
     移し終った後、袋を裏返して利き手を入れて作業すると、以後の作業で手が濡れません。
No4洗浄準備
(写真-3)

     A ホ−スで水を注ぎ(写真-5)、米を洗う(研ぐのでは無く)ように、あるいは西部劇に出て来る
          河原での砂金取りの要領で(写真-6)、ビ−ズより軽い異物を取り除きます。
  2. ビ−ズより小さい異物(土ぼこりなど)の除去と、ビ−ズ自体の洗浄。
    @ 植木鉢と洗濯袋布を用意して、植木鉢の中に(写真-7)のように、くぼみをつけて
    洗濯袋布を押し込んでおきます。
No5洗浄中
(写真-5)
No6洗浄中
(写真-6)
No7洗濯袋布をセット
(写真-7)
   
  A ビ−ズを植木鉢受から、洗濯袋布の中に流し込みます。(写真-8)
   B 勢い良く水の出ているホ−スの先端を、ビ−ズの中に突き刺して、掻き回します。
   入念に、ビ−ズが充分キレイになるまでやります。(写真-9&10)
   この作業で、小さな異物は水と一緒に、洗濯袋布の隙間を抜けて、植木鉢の下の穴から
      排出されます。又ビ−ズ同士がこすれ(米を研ぐのと同じ)キレイになります。
No8ビーズの流し込み
(写真-8)
No9洗浄
(写真-9)
No10ビーズ洗浄アニメ
(写真-10)

  4)乾燥
  1. ビーズがキレイになったら、乾燥します。
   @ ビ−ズを洗濯袋布ごと持上げ、(写真-11)加工買物かごに移します。(写真-12)
    洗濯袋布の周辺を、加工買物かごのハンドルで押えます。(写真-13)
   A(写真-13)の状態で放置し、乾燥するのを待ちます。
No11水切り準備
(写真-11)
No12水切り中
(写真-12)
No13自然乾燥
(写真-13)

   Bもし、乾燥時間中、ビ−ズ上に何か落下しそうな場合は、(写真-14)のような網(アミ)を用意し、
   (写真-15)のように被せておくと安心です。
No14乾燥中の蓋
(写真-14)
No15乾燥中の蓋
(写真-15)

 5)返却荷作り
  1. ビ−ズが乾燥したら、洗濯袋布からコ−トより持ち帰った袋に移し変えます。
   @(写真-16)のように、加工買物かごから、ビ−ズを入れたままの洗濯袋布を持上げ、
  コ−トから持ち帰った袋の中に丸ごと入れます。(写真-17)
   Aコ−トから持ち帰った袋の中で、洗濯袋布の1点をつまみ、ビ−ズを振り落としながら
   引き上げます。(写真-18)
No16ビーズの取り出し
(写真-16)
No17ポリ袋へ入れる
(写真-17)
No18ビーズをポリ袋に入れる
(写真-18)
   Bコ−トから持ち帰った袋の中に、洗浄、乾燥が終わったビ−ズが残ります。
      これを コ−トに返却します。(写真-19)
No19リサイクル完了
(写真-19)
以 上
投稿もくじへ戻る


inserted by FC2 system